11.決算書を読めなくても大丈夫!脱★ドンブリ経営講座Escape from Sloppy Accounting

コロナ禍で経営環境が激変しています。経営を存続していく上で、これまで以上にキャッシュフロー経営の重要性が高まっています。本講座では、中小企業がキャッシュフロー経営を実現していくための考え方を学びます。

基本情報
対象者●会社のお金の流れをスッキリと見通したい経営者
●利益の額と資金繰りの感覚のズレに悩む経営者
●社員との危機感のズレに悩む経営者
定員15名
開講区分会場(オンラインでは受講いただけません)
受講料※区分A:3,000円 / 区分B:6,000円
会場豊橋サイエンスコア 視聴覚室
※受講料区分A・Bについては、Guide(受講資格・料金)ページをご覧ください。

お申込みはこちらから

● 受講料区分Aで法人から申請される方:法人申請A 申込フォーム
● 受講料区分Bで法人から申請される方:法人申請B 申込フォーム
● 受講料区分Aで個人申請される方:個人申請A 申込フォーム
● 受講料区分Bで個人申請される方:個人申請B 申込フォーム

講座ポイント

1.会社のお金の流れをシンプルな図で把握
決算書を読めなくても大丈夫。経営者にとって必要な経営数字をシンプルな図にして表すことで、会社のお金の流れを直感的に把握できるようになります。

2.ビジョンとお金の両輪の経営
キャッシュフロー経営をするには、ビジョン(あり方)も同時に重要です。本講座では参加者のビジョンの明確化にも取り組み、ビジョンとお金の両輪の経営を目指します。

3.社員との危機感のズレを縮小
多くの企業では、経営者と社員の間に危機感のズレがあります。このズレが生じる理由と、どうしたらズレが埋まるのかのヒントが得られます。

日程・内容
第1回
10/18(月)
13:30~15:30
ビジョンとお金の考え方/ビジョンの全体図/ビジョンの検討
ビジョンとお金の両輪の経営の全体像
ビジョンの考え方
参加者自身のビジョンつくり
第2回
11/15(月)
13:30~15:30
ビジョンの発表とフィードバック/会社のお金の流れを図にする方法
ビジョンのシェアとフィードバック
お金のブロックパズル®

講師紹介

佐野敏幸氏


<< 前のページに戻る


東三河セミナビ

豊橋市中小企業人材育成支援研修

豊橋市中小企業人材育成支援研修